ステップ3 もちつき講座・蒸し器の使い方

もちのすけ蒸し器のセットの方法はイラストで説明します。
このセイロは当方で使用しているアルミ製のもので説明していますので、若干異なることもありますので、ご使用のセイロの使い方の参考にしてください。

蒸し器の使い方(アルミ製セイロの場合)

すのこ敷く

1)すのこを敷きます。

布巾

2)蒸し布巾を広げて敷きます。

米入れる

3)布巾の中に水を切ったお米を入れます。

米ならす

4)お米をならします。

布巾で包む

5)布巾をお米を包むようにたたみます。

餅米蒸す

6)お湯を沸かしている釜の上にセイロを乗せて蓋をします。2段、3段で蒸す場合は時間差で蒸しあがるようにするため、例えば20分後に1段追加するようにします。
※薪などの熱はメガネのレンズを痛めることがあるので注意をください。

臼お湯張り

7)お米を蒸している間に臼に張っていた水を捨て、やかん一杯分のお湯で温めます。冷めてきたらお湯を換えて臼を熱々の状態にします。杵も同時にお湯で温めておきます。

臼お湯出し

8)お米が蒸しあがったらお湯をひしゃくなどで出し、布巾で水分を軽く拭き取ります。

米蒸し上がり

9)セイロごと持ち、布巾に包まれたお米とすのこを一緒に臼に入れます。

布巾出す

10)布巾とすのこを取り出します。

このHPは餅つきを広めるために制作しました。

Copyright (C)柴一臼工房/usu.jp