ステップ2 もちつき講座・もちつき手順

基本手順とイラスト解説でわかりやすくしました。手順を理解すればもちつきは難しくありませんよ。


前日の準備
 
餅米準備 もち米の準備
10人分=1升=約1.4sを目安にもち米用意し、前日の晩にもち米を研いでたっぷりの水につけておきます。
 
臼の水張り 臼・杵の準備
前日から臼には水を張り、杵はバケツなどに入れ水に浸しておきます。
 
当日の準備  
当日 1)蒸し始める1時間前にセイロやざるに揚げて水分を切ります。  
当日 2)もちつきの場所にビニールシートなどを敷き、臼を運び水を張っておきます。杵も水につけておきます。  
お湯 3)お湯をたっぷり沸かし、保温ポットに入れておきます。
※お湯をたくさん使うので、もちつき中はコンロなどでお湯を沸かしておきましょう。
 
もち米を蒸す  
餅米蒸す 1)蒸し器で45〜60分蒸します。火力は超強火で。食べてちょうど美味しいくらいの固さに。  
セイロ2段 2)何臼もつくときはセイロを2〜3段あると1番目を蒸して20分後に次の2段目を追加すれば待ち時間を少なくできます。
 
臼と杵の準備  
おもちつきのコツ3 3)もちつきの10〜15分前になったら、臼、杵をお湯で温め、湯を2〜3回ほど入れ替え、臼と杵を十分に温めます。  
もちつき開始  
米蒸し上がり 4)もち米が蒸し上がったら、臼の湯を捨て軽く拭き取り、もち米を入れます。(セイロごと臼に空けて、布巾とすのこを取り出します。)  
つぶし 5)杵でもち米をつぶしこねます。体重を掛けて米粒がだいたいつぶれればOK。この作業がもちつきの半分くらいです。途中で杵に付いたもちを取ります。
 
つき 杵でつきます。杵にもちが付くようになったらお湯で湿らせます。  
手返し 6)返し手はぬるま湯で手を湿しながら、もちを折り畳むように中心に集めます。一回つく度に一回返すのが理想ですが、何回かついてつく手を止めてから返してもよいでしょう。
 
出来上がり 7)途中に餅全体を持ち上げひっくり返します(1〜2回)。粒がなくなってなめらかになったら出来上がりです。  
お餅がつけたら  
あんころもち、きな粉もちのとき
お湯で湿らせたボールかパットに取ります。ぬるま湯で手を湿らせながら、一口大のおもちを親指と人差し指で作った輪を締めて切り、あんこやきな粉の中に入れていきます。
 
のしもちや大福もちのとき
もち取り粉をたっぷりふるったのし板、なければお盆などに取ります。のしもちは粉を振って手で延ばして冷めて堅くなったらOK。
 
臼・杵の片づけ  
臼洗う 1)臼と杵はつき終わったらすぐにお湯とたわしで3回程洗えばきれいになります。
2)臼は横にして2日ほど陰干ししてから片づけます。
 
このHPは餅つきを広めるために神奈川・湘南・柴一臼工房が開設したものです。
Copyright (C) 柴一臼工房/usu.jp